Manh 次世代スクールバス乗車管理システム「AiBus」 浦和学院で6月1日運用開始 学生の安全と利便性を向上

【東京】2024年5月31日 - 株式会社テクサー(本社:東京都多摩市、代表取締役:朱 強、以下 テクサー)は、株式会社アジアメデカ元気事業団(本社:東京都千代田区、代表取締役:松本 弘、以下 アジアメデカ)と共同開発した最新のスクールバス乗車管理システム「AiBus」を、2024年6月1日より浦和学院で運用開始することを発表いたします。

「AiBus」は、学生の安全な通学をサポートするために設計されたシステムで、ICカードや二次元コードを用いた乗車記録機能を備えています。学生がバスに乗車する際にICカードをタッチすることで、乗車記録が自動的に保存され、学校管理者がリアルタイムで確認できる仕組みです。
浦和学院では、学校業務のデジタルトランスフォーメーション(DX)の一環として「AiBus」を導入しました。従来、約1,500名の学生のバス乗車管理を紙の乗車券で行っており、非常に非効率的でした。このシステムにより、紙の乗車券に代わるデジタル管理が可能となり、大幅な効率化が期待されます。

「AiBus」の主な機能は以下の通りです:
- リアルタイム乗車管理:学生の乗降状況をリアルタイムで確認可能です。
- 安全管理:学生が規定外のバスを利用した場合に通知します。
- データ分析:バスの運行状況や乗車データの詳細な分析を行います。

また、以下のような特長があります:
- 簡単なICカード利用:学生が乗車時にICカード学生証をタッチするだけで、乗車を記録・確認できます。
- 管理プラットフォーム:学生データの登録、バスごとのAiBox設置、リアルタイム情報確認を管理プラットフォームで一元管理します。
- AiBox:NB-IoT通信方式を使用し、LEDランプとブザーで受信通知。簡単に設置でき、信頼性の高い通信が可能です。

「AiBus」システムの構成は以下の通りです:
1. ICカード:学生がバス乗車時に使用し、乗車情報を記録します。
2. AiBox:各バスに設置され、ICカードの読み取りとデータ送信を担当。NB-IoTを利用し、低消費電力で長期間の運用が可能となります。
3. 管理プラットフォームAiManager:学校管理者が利用するウェブベースのツールで、リアルタイムで学生の乗降状況を監視し、データ分析を行います。

AiBusのしくみ
AiBusのしくみ
バス画像
バス画像
今後、株式会社テクサーと株式会社アジアメデカ元気事業団は、浦和学院での成功を基に「AiBus」を他の学校にも展開する計画です。これにより、さらに多くの学校がDXを推進し、学生の安全と利便性を向上させることが期待されます。

株式会社テクサーについて
社名     : 株式会社テクサー
本社所在地  : 東京都多摩市鶴牧1-1-14 コージィーコート2F 1
創立     : 2016年10月21日
資本金    : 1億6,239万円
代表取締役CEO: 朱 強
主な事業内容 : ・展示会DXシステムAiMeet(R)の開発と販売
         ・ビルDXシステムの開発と販売
         ・ZETA LPWAの関連製品開発と販売
ホームページ : https://techsor.co.jp

株式会社アジアメデカ元気事業団について
社名    : 株式会社アジアメデカ元気事業団
本社所在地 : 東京都千代田区内神田2-7-13 山手ビル3号館 3階
創立    : 平成23年8月22日
資本金   : 251,700,000円
代表取締役 : 松本 弘
主な事業内容: ・医療福祉に関する各種設備、機器販売業務
        ・医療福祉のコンサルタント業務
        ・医療福祉に関する調査業務
        ・介護施設運営
        ・運営管理システムの開発・販売事務系システムの開発・販売など
ホームページ: https://asia-medca.jp/

ジャンル:ネット・IT ライフスタイル
画像一覧
AiBusのしくみ
AiBusのしくみ
バス画像
バス画像


AIが記事を作成しています